FX
   
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ご注意

フランス語ができなくてもフランス語で歌いたい方のためのサイトです。 できるだけフランス語の発音に近くなるようにルビを振りました。 しかしながら、あくまでお遊びで個人的に楽しむためのものです。
人前で歌うときは必ず専門の方に指導を仰いで下さい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭鉱夫の歌 Les corons   

昨日に引き続き、cliotaqeさんのリクエスト
ピエール・バシュレのレ コロンです。
いい歌ですね。
リフレインのところ覚えやすそうです。



子どもが小さい頃カレと同じ
ノールパドカレにあるリルへよく遊びに行きました。
友人が住んでいたのです。
カレと街並みがよく似ています。
リール炭田地帯って小学校のとき習いませんでした?
そこです。

パリとは全然雰囲気が違いました。

娘が大好きなビスケット
パリではビスキュイbiscuitで通じてたけど
ここでは、プティブール petit beurと言わないと
ビスケット買えませんでした。




まずここでポッチンしていただくとありがたいです

         にほんブログ村 音楽ブログへ

続きを読む

スポンサーサイト

theme : シャンソン・フレンチポップスを原詩で歌おう♪
genre : 音楽

Les corons   炭鉱夫の歌

CLIOTAQUEさん、お待たせしました。

ピエールバシュレの大ヒット作
代表作Les corons 「炭鉱夫の歌」です。

いつも難しい歌をリクエストされる
CLIOTAQUEさんだけど今回は私でも知ってる
ピエールバシュレです。

日本ではエマニュエル夫人のテーマで知られているけど
こんな硬派な歌も作ってたんですね。

彼は1944年パリ12区で生まれました。
バスティーユ広場のあるところです。
家具の職人さんなどが多く住んでいたところです。
その後父親の故郷カレへ一家で引越し
またパリへ戻りました。
彼のカレへの思いは強く、生涯この地方を愛したそうです。

その思いで作られた歌ですね。


まずここでポッチンしていただくとありがたいです
にほんブログ村 音楽ブログへ

続きを読む

theme : シャンソン・フレンチポップスを原詩で歌おう♪
genre : 音楽

エマニュエル夫人 EMANUELLE

「エマニュエル夫人」のシルビア・クリステルさんが
脳卒中で入院したそうです。
かねてからがんで闘病中とのことです。

きれいな人だったのに気の毒です。

以前「エマニュエル夫人」テーマ曲をアップしましたが、
歌詞を訳していなかったので訳してみました。


フランス語で歌いたい方はこちら



まずここでポッチンしていただくとありがたいです

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ

にほんブログ村

続きを読む

theme : 思い出の音楽
genre : 音楽

ブックマーク


よろしくお願いします。

リンク

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

検索フォーム

カテゴリ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。